番外編その4:「周辺作業からのKDP登録…?」の巻

昨日あれからコツコツ作業を進め、本の原稿は無事完成しました。

あとはタイトルを決めて表紙を作れば登録作業に入れます。
…が、実はタイトルは最初から何となく頭の中にあったので、それで行くことに。

こういうのっていろいろ案を出しつつも、最終的には最初に思いついたのに落ち着くんですよね笑

ここまで来れば表紙の画像を作るだけ。
というわけで、サクッと表紙の画像を作り、勢いに任せてKDP登録!
オッケーイ!!!

…と思っていたのですが。

とある作業をすることで、Kindle本がずっと0円で販売できることが発覚!
というわけで、そちらへちょいと寄り道。

テッペンとったるということは、ランキング1位を目指すということ。
たくさんダウンロードしてもらうためには、0円で販売したい…

0円の方がダウンロード数は増えるだろうし。
そうなればランキング上位獲得も夢ではない…と信じたい笑

しかし、Kindleは通常、99円が最低販売価格になっています。

「え? でも0円の本結構たくさんあるよね?」

と思われたそこのあなた!

そうなのです。0円でダウンロードできるKindle本はたくさんあります。
Amazon独占でうちの本販売しますよ、という約束をすると、販売から5日間だけ0円キャンペーンが行える「KDPセレクト」というプログラムがあるのです。
(ロイヤリティがアップするなど、いろいろメリット、そしてデメリットもあります)

これを使えば最初の5日間は0円にできるので、これでもいいと言えばいいのですが…
せっかくならずっと0円で売りたいじゃないですか笑

Amazonからこの本のことを知って、まだ見ぬ人たちが続々とへんつう堂を覗きにきてくれたら、最高…

それを目指すためにも、ずっと0円で販売したいのです。

そんなわけで、実はもうKDPに登録さえすればいつでも販売可能な状態なのですが、寄り道作業に時間がかかっており、新発売まであと一息、というところ。

せっかちなわたしとしては「早く! 早く!」という気持ちでいっぱいなのですが笑
もう間もなくお目見えできるかと思います。

ああ、初めてのKindle本出版…楽しみだ…

⇒早く出版させてください…その5

コメント

  1. […] ⇒これでちゃんと本になるのかな? その4 […]